染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

どこでもいいから出かけるべきかも

あと2年ほどで定年を迎える夫は、今からそれをすごく楽しみにしています。

もう、今のような消耗するような働き方ではなく、アルバイトがいいと言っています。

 

そして、そんな定年後の楽しみのひとつが、あちこち出かけること。

夫も私も友人が少ないので、夫婦で出かけることが多くなるはず。

 

夫が提案する外出先

 

ところがですね、夫が「行こう」というのは私的には「ん~?」なところばかり。

 

・各種スポーツ観戦

夫はスポーツ好きなので野球、サッカー、ラグビー、アメフト、大相撲、競馬(スポーツ?)、バスケなど、なんでも行きたがります。

 

このうち、どれを付き合うかが問題。

私が行きたいのはサッカーの日本代表戦くらいなので、後はそれほど気が乗らず。

 

・皇居の新年一般参賀

夫は別に皇室ファンでも何でもないのですが、単に皇居に行ってみたいだけのようです。

 

行きたくないことはないですが、とにかく寒い時期ですよね。

それに長時間、待つイメージがあります。

そこまでして……、と思ってしまうのです。

 

・観艦式

私はまったく知らないのですが、海上自衛隊護衛艦に乗ることができるイベントがあるらしいのです。

 

自衛隊のイベントは人気があるというのは聞いたことがあります。

航空自衛隊のプルーインパルスのパイロットはアイドル並みの人気があると、以前にテレビで見ました。

 

私の自衛隊への興味は、有川ひろ著「クジラの彼」を読んだくらい(自衛隊のラブコメ短編集)。

大変なお仕事だと思いますが、それとこれとは別な気が。

「行ってみない?」と言われても返事に困ります。

 

どこでもいいから出かける

 

というようなことを、休みの日にショッピングモールの中のマクドで100円コーヒーを飲みながら話しました。

あまりお腹は空いていなかったのでアップルパイを半分こして食べ、まるで中学生みたいでした。

 

こんなお金のかからないお茶が気分転換になったらしくて、「久しぶりにゆっくりできた」と言っているのを聞くと可哀想になってきて、気が進まない場所でもできるだけ一緒に行った方がいいかなと思ったり。

 

それに私がただでさえ引きこもりがちなので、興味がないとか行きたくないとか言ってないで、とにかく外出する癖をつけたほうがいいかもしれません。

 

それに、夫が提案する場所が嫌だとしても、自分が行きたいところというとすぐに思い浮かばないのです。

こっちの方が問題ですね。