染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

何が困るって位牌を置く場所

11月の下旬に、義母の四十九日の法要と納骨をすることになりました。

それが終わったら、位牌を家に持ってきたいと夫が言います。

 

夫の実家には仏壇がありますが、さすがにそれは大きすぎてマンションの我が家には置けません。

せめて位牌だけは持ってきてあげたい、と言うのでそりゃそうだなと納得はしたものの、

どこに置く?

 

置く場所がない

 

位牌はそれほど大きなものではないのですが、置く場所がありません。

 

コンパクト仏壇などもあるようですが、夫の実家をどうするか決まっていないので(引っ越すかもしれないので)、新たに仏壇を買うことは考えていません。

 

ということはむき出しのまま置く?

 

置ければどこでもいいというわけにいきませんよね。

 

まさか台所のカウンターに置くわけにいかないし、本棚の一段をあけてそこに置くのもおかしい。

 

籐のチェストがあるので、その上くらいしか場所がありません。

妙ですけどね。仕方ないですね。

 

3人一緒?

 

で、その籐のチェストの隣にパソコンを置いているのです。

 

私はブログを書いたり読んだりネットサーフィンしたりと、パソコン前に座っていることが多いのですが、舅姑と並んでパソコンするような感じになりますよね。

 

テレビの前に移動すると、今度は背後から見られることになります(位牌に目があるとは思っていませんけど)。

 

なんだかなあ。

 

舅姑と仲が悪かったわけではありませんが、あんまり嬉しいものではないかも。

日中、家の中には私一人ですが、舅姑と三人でいるような感じ?

 

だからと言って、位牌なんか置かないでというつもりはないのですけど。

 

というようなことを夫に言いましたら、娘の部屋に置いてもいいと言い出しました。

娘は社会人になって家を出ましたので部屋はあいています。

 

ただ割とちょこちょこ帰ってくるので、部屋は家にいたときのままの状態です。

学習机、ベッド、本棚しかない部屋のどこに位牌を?

 

すると、「本棚の上に置く」のだそう。

転倒防止の突っ張り棒を使っているけど、そこに置く?

 

それに娘が帰ってくるたびに位牌を移動させることになります。

どうなんでしょう。

 

生前の義両親に対しては夫は孝行息子だったので、位牌を妙なところに置いたとしても大丈夫なような気もします。

 

まあ位牌の扱いについては夫に一任します。