染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

夫実家の片付けに疲れてきた

先日、夫実家の片付けに行ってきました。

まだたった3回めなのに、早くも嫌気がさしてきました。

一向に光が見えない……。

 

玄関

 

まず手をつけたのは、玄関のたたきにずっと置いてあった籐の物入れ。

蓋を開けると健康サンダルや下駄など履物がびっしり入っていました。

新品の物もありました。

 

これを撤去しただけでもずいぶんとすっきりしました(裏側の埃がすごかった)。

 

台所

 

台所のカラーボックスとワゴン一台を解体。

かさばるものを捨てると空間があくので片付けた感が増します。

 

台所では缶入りのSBのからしやカレー粉がありました。

カレー粉はにおいも色もカレー粉のままでしたが、からしはベージュに変色し、もはやからしではないにおいがしました。

 

形が崩れた、いつのものかわからない梅干しも発見。

 

こうしたものはそのまま捨てられないので中身を空けて容器は別に捨てることになります。

この分別が面倒くさいし手間がかかります。

 

鍋やボールやバケツなども処分。

ステンレスのザルのセットやフライパンなど新品の物もあったのですが、自分が使うかどうかを考えずに捨てることにしました。

持って帰って、「やっぱり要らない」となると二度手間になるだけなので。

 

もう捨てても捨てても際限なくモノが出てきます。

この家、四次元の世界にでもつながっているんじゃないかと思うほど。

 

軽トラが欲しい

 

うちの車はハッチバックなので、後ろの座席を倒せばかなり物が積めます。

夫が実家の不用品を捨てに行くときは、ぎちぎちに積めるだけ積んでいます。

f:id:oliolio:20191105123801j:plain

今回捨てたのは、この画像の倍以上の量。
 

こんなに捨てたのに、ゴミを運び出してから掃除機をかけていると、それほど片付いていないのに気が付いてがっくり。

 

まだまだいっぱいあります。

食器棚だけでも3つあります。

もちろんその中には食器がいっぱい。

食器以外のものも入っています。

 

前回、捨てきれなかった植木鉢も庭にあります。

庭には倉庫が3つあります。

 

2階は、今までに夫が10回以上不用品を捨てていますが、「そんなに捨ててこの状態?」と言いたいほどものがあります。

 

3回目の片づけをしてから疲労感が抜けません。

体が疲れているというより、大量のモノに精神がやられた感じ。

自宅の片づけをしようという気にもなりません。

 

今年ももう少しだし、こんなことを言ってる場合じゃないのに。