染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

あまりに運動不足なのでこんなことを始めた

歩かなきゃなーと思いながら、いつまでも暑いのもあって買い物の時くらいしか歩いていません。

ということは座っている時間が多いということで、ちょっと坐骨神経が痛くなりつつあります(腰が悪いんですよ)。

 

これではいかんと簡単な運動を2つ、することにしました。

 

かかと落としとスクワット

 

1つはかかと落とし。

爪先立ってからストンとかかとを落とすだけ。

50回やります。ふくらはぎが張ります。

 

かかとに衝撃を与えると全身に「骨を作れ」という指令を出すそうなのです。

骨の密度が減ると骨自体も縮み、そのせいで皮膚がたるむそうなので、その予防(もうすでにたるみがあるけれど)のためです。

このことについてはこちらに書いています。

 

www.warabii.com

 

それに女性は閉経後に骨粗しょう症になりやすいので、できるだけ予防したいです。

 

かかと落としは鎌田實というお医者さんも勧めていて(高齢者にですが)、血圧や血糖値が下がったり、体重が減ったりするそうです。

 

もう一つがスクワットです。

20回します。好きでないので嫌々します。

 

かかと落とし50回とスクワット20回を、午前と午後の2回しています。

できないときもありますが、そういうときは気にしない。

何もしないよりはマシだと考えています。

 

しかしいくらなんでもこの2つだけだとシニア向けすぎで、運動量が足らないのではないかとも思います。

 

これは無理

 

そこで、体重を減らしたがっている夫が買った本「世界一効率がいい最高の運動」(川田浩志 かんき出版)を読んでみました。

 

20秒運動しては10秒休息して続け、それを8セットするのだそうです。

全部で240秒、つまり4分の運動でいいということなのです。

 

運動経験のない人でもこんなに効果があるという例として5人の人が載っていましたが、すべて30~40代の男性。

特に記載はありませんが、きっと男性向きなんだろうな。

 

それでもできるかどうか、載っている運動のいくつかを試してみましたが、腕の力がないので、腕立ての態勢でする運動がほとんどできませんでした。

諦めずに続ければできるようになっていくのかもしれませんが、できるようになる前に辞めてしまうことがわかりきっていたので、最初からやめておきます。

 

この本を読んだはずの夫は、相変わらず自己流の腹筋などは続けていますが、この本の運動法は始めていません。

もしかしたら、アラカンに近づいたオッサンでもきついのかも。

 

買う本、間違えたのかもしれません(笑)。