染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

外食で食べきれなくなったのは食が細くなったせい?

最近、外食の際に量が多くて食べきれなかったことが二度続きました。

注文したものは全部食べるのがポリシー(ケチなので払った分は回収したいだけ)なので、食べきれなかった自分が残念に感じます。

 

食べる量が減ってきたのでしょうか。

そんな自覚はないのですが。

 

大戸屋

 

一度目は夫と入った大戸屋

鶏と野菜の黒酢あん定食を食べました(夫が何を頼んだのかは覚えていない)。

 

注文のとき、ご飯の量を小にするかを聞かれたのですが、何も考えずに「普通でいいです」と答えてしまったのです。

このときに、「量が多いですか」と聞けばよかったです。

きっと、女性の人は小にされますとか教えてくれたでしょうから。

 

味はおいしかったのですが、確かに量が多かった!

食べきれずに少し夫に手伝ってもらいました。

 

がんこ寿司で

 

二度目は夫、息子と一緒に入ったがんこ寿司。

寿司6貫と、うどんかそばのセット。

3人とも同じものを注文しました。

 

寿司6貫だけだと少ないかと思ったのですが、これがすごくボリュームありました。

ミニうどん(そば)ではなくて、しっかり単品だったのです。

このときも夫に少しうどんを食べてもらいました。

 

同じお寿司で赤だしだけを付けることもできたので、それで充分でした。

大戸屋と一緒で、注文のとき店員さんに一言聞けばよかったです。

 

店によって一人前の量はさまざま

 

それほどたくさん食べるタイプではないのですが、今まで外で食べて多すぎることなんかそれほどなかったので、軽くショック。

 

年で食が細くなってきたのかなとも思いましたが、家で食べる時はそんなに量は減ってしません。

 

よく考えてみれば、女性客の多い店では普通に食べきれるのです。

そういう店ではそれほど量を多くしていないのでしょう。

 

以前に娘と入ったカフェでは、私でもちょっと物足りないような量だったこともあります。

 

いっぽうで男性客も多く来るような店では、しっかりお腹が膨れるような量になっているのでしょうね。

 

自分の入った店がどのタイプなのか見極めないといけないですね。

何も考えずにぼんやりしているのことが多いので。

 

男性客も多いお店では気を付けて少な目のものを選ばないと。

でないと、痩せたがっている夫に余計に食べさせることになってしまいます。

夫ももったいない精神(ケチ精神)が旺盛なので残せないのです。