染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

今年の夏はちょっと違う

ここ6年程、毎年夏になると悩まされてきたことがあります。

それは首のかゆみ

 

あんまりかゆくない?

 

たぶん汗が原因なのでしょうが、かゆさが尋常ではありません。

 

首と言っても、主にかゆいのは喉のあたり。

喉は皮膚も薄く、かきむしるとひどいことになっていました。

皮膚が赤黒く変色して、やけどの跡みたい。

ガサガサになって、おばあさんの首みたいになります。

 

そうなるとわかっていても、かゆさでかきむしってしまうんですよね。

市販の薬では治まらずに皮膚科で薬を貰ってようやく治まるほど。

それでも夏が終わるまでには何度かぶり返すので薬は使い切ってしまいます。

 

そんな猛烈なかゆみが、今年はまだ訪れていません。

例年だと梅雨辺りからかゆくなるので、本当ならとっくにかきむしっているはず。

 

まったくかゆくないわけではないのですが、市販の薬で対応可能な程度。

 

愛用の薬

 

去年から使っているのが池田模範堂の「アセムヒEX」。

 

 

かゆみによく効くので、何度か買っています。

うちは夫も息子もかゆくなるタチなので、消費量も多いのです。

 

よく効くので、今以上ひどくならない限りこれで乗り切れそうです。

ただ、スーッとするので目の周りには使えません。

 

目の周りや顔にはこちらがおすすめ。

小林製薬の「キュアレアa」。

 

 

刺激がなくて使いやすいです。

 

夫はウナが好きなのですが、同じ個所に何度も繰り返し塗っていると、肌が荒れてきてウナがしみるようになるらしいです。

 

私もウナを使い過ぎて肌がガサガサになったことがあります。

虫刺されにはいいんですけどね。

 

こちらは変化なし

 

逆に変わっていないこともあります。

脂漏性皮膚炎は相変わらず治っていません。

ずっと状態が悪いのではなく、マシになったり悪くなったりと波があります。

 

脂漏性皮膚炎と診断されてから3年半。

だいたい、6~7月の暑くなってきたころに症状がひどくなっているようです。

で、我慢できなくなって秋口に皮膚科に行くという。

今年もそうかな。

 

脂漏性皮膚炎の頭のかゆみも、ひどいときは発狂しそうなくらいですが、首がかゆくないだけ今年は本当にしのぎやすいです。

それだけで幸せを感じてしまう。

 

今はまだ治っていない脂漏性皮膚炎も、いつかは悩まされなくなる日が来るかも、と前向きになれそう。