染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

青箱はいいのに赤箱は合わない?

牛乳石鹸の青箱、赤箱といえば、長年愛されているロングセラー商品です。

赤箱で顔を洗うようになったらニキビが消えたとか、顔のかゆみがなくなったとか、ネット上での評判も上々のようです。

 

ところが私には、この赤箱が合いませんでした。

 

洗顔は石けんで

 

長年、洗顔は石けんを使っています。

クレンジング剤が必要なメイクはしませんし、日焼け止めを使うときもクレンジング剤でないと落ちないものは買いません。

最近は日焼け止めさえ使わず、パウダーばかりなので石けんで充分なのです。

 

娘がいた時は専用の洗顔料をお風呂に置いていました。

夫や息子はどうしているのか知りません(関心なし)。

 

使う石けんにこだわりはなく、そのとき安かったものを買っています。

牛乳石鹸の青箱は何度か買ったことがありますが、赤箱は初めて。

 

吹き出物とかゆみ

 

赤箱で顔を洗うようになってから、どうも洗い上がりがすっきりしないのです。

青箱はすっきり、赤箱はしっとりした洗い上がりだそうなので、そのせいかとも思ったのですが、鼻すじの横に吹き出物までできる始末。

 

おかしいな、石けんでおかしくなるなんて今までになかったのに、と思いながら使い続けていました。

 

極め付けが、右のまぶたのかゆみでした。

去年の夏もまぶたがかゆくなり、その時皮膚科でもらった薬が残っていたのでつけましたが、かゆみは治まらず。

赤くなって少し腫れています。

 

保冷剤で冷やしてなんとか落ち着き、一晩寝たら治まっていました。

 

石鹸のせいだと断言するつもりはなく、もともとまぶたに炎症が起きていたのでしょうし、お風呂上りにつけた化粧水や乳液もよくなかったのかもしれません。

 

でも、長年多くの人に愛用されていて成分に問題ないような物でも、こちらの条件次第ではこんなふうになるときはなるんだなあと思ったのでした。

 

スキンケアを再開したいけれど

 

4年ほど肌断食をしてきたのですが、やっぱり多少はスキンケアをした方が見た目は良くなると思い時どきつけているのですが、自分に合うものを見つけるのは難しいです。

 

かゆくなったり赤くなったり。

いいなと思うと自分には高すぎたり(もうそんなに高い化粧品は買いたくない)。

 

適度な値段で安心して使えるスキンケア製品、今のところワセリンしかないのです(泣)。