染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

自慢できるのはいいこと たとえふくらはぎでも

外出したとき、前を歩いている人が目に入りました。

うしろ姿なので推測ですが、60代くらいの女性。

体つきはやや細身に見えました。

ひざ丈のスカートだったので足が見えたのですが、そのふくらはぎがすごかった。

 

背伸びをすると、ふくらはぎの筋肉がぽこんと出ますよね。

その女性は、普通に歩いているだけなのにふくらはぎの筋肉がムキっとなっていました。

 

何のスポーツだろう

 

すごい、と思いつつ、歩く方向が違ったのですぐに離れましたが、何をしている人なんだろうとしばらく想像してしまいました。

 

きっとスポーツを習慣的にしている人でしょう。

ランニングかな。

もしかしたら重量挙げのようなハードなスポーツかも。

ちょっとガニマタ気味の歩き方からして、ダンスやヨガという雰囲気ではないような。

 

筋肉を見せる?

 

そして、その女性がスカートをはいていたのがちょっと意外だったとも思いました。

自分の勝手なイメージで、スポーティな人はスカートよりはズボン派だろうと思い込んでいたのです。

 

もしかしてあの立派なふくらはぎを人に見せたかったとか?

暖かい日だったので、スカートの方が涼しいからかも。

ジムなどに行く途中で、スカートの方が着替えやすいとかかな。

 

勝手にいろいろ想像してしまいました(失礼しました)。

 

身体を鍛えてる芸能人って、タンクトップとかの露出の多い服を好みますよね。

あれは筋肉のせいで代謝がよくて暑いのか、それともやっぱり見せびらかしたいのか。

 

これまでの人生で腹筋を割ったことが一度もない私は、筋肉ムキムキの人たちの気持ちは全然わかりません。

でも、あの女性がもし、自分のふくらはぎを人に見せびらかしたくてスカートをはいていたのなら、それっていいなあ、と思うのです。

 

60代くらいになって、自慢できることって何でしょう。

自分の健康?

孫?

お金?

どれも聞いているほうはおもしろくなさそう。

 

でも筋肉を見せびらかしたくて薄着になるくらいなら可愛いものだと思うのですが(いや、やっぱり自慢はうっとうしいか)。

 

スポーツは気分も晴れるだろうし、身体にとっていいモノだろうなと思います。

きっとあの女性はマイペースで楽しんでいるんでしょう。

そういや、ファッションも独特だったな。