染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

娘の独立以来どうもぱっとしない

娘はこの春から就職して一人暮らしを始めました。

最初は心配でたまりませんでしたが、10連休に2回も会いに行き(「別に来てもいいよ」と言われたので)、元気で一人暮らしを楽しんでいるようすを見ることができました。

 

なんだか気分が

 

ほっと安心したのはいいのですが、今度は自分の気分がどうもぱっとしません。

なんとなく元気が出ないというか、楽しくない気分。

気が抜けたのかな?

自分ではそうは思わないのだけど、やっぱり寂しいのかな?

 

だからと言って、家から通える会社に入ってくれればよかったのに、とは思わないのです。

本人も機嫌よく(かどうかはわかりませんが)働いていることだし、一人暮らしすることはいい経験になるし、これでよかったと思っているのです。

 

が、なんなんでしょうね、この気持ちの落ち着かなさ。

気持ちがざわざわ、でもなく、ぴったりの言葉が思いつきませんが、かさかさ、かな?

あ、やっぱり寂しいのか。

 

身軽になったとも思う

 

ところが外出した際、公園の木々の緑や青い空を見ると、しみじみ幸せだなという気持ちもこみあげてくるのです。

なんというか、すっきりしたというか、身軽になったというか。

 

確かに子どもが一人独立したとなれば一人分身軽になったのですよね。

でも、そんなにしみじみ思うことかと、ちょっと後ろめたく感じたりもしますが。

 

こんな風に揺れながら落ち着いて行くんだろうなあと思っていたら、昨夜の娘からのラインで、仕事中に頭が痛くなって後で吐いたとありました。

 

子どものころから、よく頭が痛くなる子なのです。

こうならないかと気にしていましたが、やっぱりなったんだなと。

お風呂に入って治ったと言っていたので、それほどひどくはなかったようです。

 

心配したり安堵したり、はたまたスッキリしたり、自分の気分に振り回されているようです。

 

別離が不安なのはどこも同じ

 

以前テレビで、サッカーをしている女子中学生を見ました。

実力のある彼女は本格的にサッカーに打ち込むため、親元を離れて遠くの学校(サッカーの施設だったかな?)に入ることになりました。

 

当日はご両親が車で送ったのですが、帰りの車の中でお母さんが号泣していました。

 

そりゃそうですよね。

親としては心配だし、でも子どもの夢も尊重したいし。

あちらは中学生、こっちは成人なので同じわけではありませんが。

 

娘が出て行って寂しいと認めるところから始まるのかもしれません。