染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

電子マネーにしてみたけれど

普段の支払いはほとんど現金です。

クレジットカードもあまり使いません。

例外は交通系ICカード(イコカ)だけ。

もう切符を買うことはなくなりましたが、電車に乗る以外では使用していません。

思い切り世の中のキャッシュレス化の流れに逆らっています。

 

これではだめかなと思い、数か月前からよく行くスーパーで電子マネーを使うようになりました。

ポイントカードにチャージして使うタイプのものです(waonじゃないです)。

この店だけしか使えませんので、他の店で買い物する場合は現金のままです。

数か月たって感じたことを挙げてみます。

 

小銭を出すという面倒がない

 

やはり便利です。

小銭を探して出す、という動きをしなくていいのはラク

面倒臭さが減りました。

 

そして気のせいか、レジの人が嬉しそうに見えます。

お金のやり取りがないとレジの人も楽なんでしょうね。

 

財布がスリムに

 

ときに小銭が増えて財布がパンパンになっていたのですが、それがなくなりました。

カード一枚だけで買い物ができるので、財布の中に現金が十分入っているかを気にする必要はありません。

代わりに、カードに充分チャージできているかを気にするようにはなりました。

 

特に買いすぎることもない

 

もともと必要なものしか買わないスーパーでの買い物なので、電子マネーにしたからといって買いすぎることもありません。

買い物金額はそれほど変化ありません。

このスーパーでは電子マネーを使うとポイントを余計にくれるというメリットもあります。

 

デメリットも

 

困る点もあります。

お札を崩すことができないんです。

そして逆に、小銭がいっぱい財布の中に入った時にはなかなか減りません。

 

そして、結局のところ現金は持ち歩かないといけないわけだし、使っている電子マネーの使用範囲が狭すぎるので、余計に煩わしいような気もします。

私のように一部分だけ現金を使わなくしても、あまり意味ないですね。

 

とりあえず思ったことは、今は二つ折り財布を使っているのですが、長財布に買い替えることはないだろうということです。

この先、持ち歩くカード類が増えることはあっても現金が増えることはなくなりそうなので。

 

中国ではキャッシュレスが進んでいるせいなのか、息子の知り合いの中国人留学生(女子)は財布を持っていないそう。

一応現金は持ち歩いているのですが、ビニール袋に入れているそうです。