染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

週1のこんにゃくを3か月続けた結果は

週一でこんにゃく1枚を食べ始めて3か月。

12枚のこんにゃくを食べたことになります。

今までの人生で食べた総量よりも多いんじゃないのかな。

 

こんにゃくはセラミドの原料グリコシルセラミドを含むために乾燥肌に効果があると本で読んで食べ始めました。

と同時に、脂漏性皮膚炎に効果があるかもという期待もありました。

私の脂漏性皮膚炎の症状は頭のフケやかゆみ、額のカサつきで、肌の乾燥が関係しているように思えたからです。

で、結果はというと。

 

乾燥肌はどうなったか

 

乾燥肌については、まあちょっとはマシになったかも、という程度。

乾燥以外の肌の変化、例えばきめが細かくなったとか、ぷるぷるになったとか、ハリができたとか、そんなことは一切なし。がっかり。

 

まあねえ、こんにゃく食べて美肌になるならみんな食べてるでしょうよ(半ばふて腐れ)。

そんなに簡単に変化が得られないから、化粧品を買ってみたり美容クリニックなどに行くわけですね。

1枚108円のこんにゃくで驚きの肌になるなら、高級化粧品なんか売れないはず。

 

しかし、この程度の変化であっても、乾燥肌の私にとっては喜ばしいものではありました。

正直なところもっと大きな変化を期待していましたが。

 

脂漏性皮膚炎はどうなったか

 

ところがですね、脂漏性皮膚炎に限って言うと、話はもうちょっと微妙になります。

 

こんにゃくを食べ始めたときの私の症状は、フケ、かゆみ、額のカサつきありでした。

かゆみ対策に時どきチョコラを飲み、もうちょっとひどくなったら皮膚科でもらった薬を使わないといけないなと感じているほどだったのです。

 

ところが、今ではチョコラはほとんど飲んでいません。

かゆみはゼロではないですが、それほどひどくはないのです。

フケはありますが、頭をかくことがないのでそれほど気になりません。

 

ということは、こんにゃくは脂漏性皮膚炎の症状を軽減させる効果はあったかも?

 

ただ、人に対して「こんにゃくは脂漏性皮膚炎に効くよ!」と自信を持って言えるかというと、そこまでの明確な効果はないような。

週一とはいえ、こんにゃく大好きでもないと飽きてきますしね。

 

さて、今後、週一のこんにゃく習慣をどうしようかと思案中です。

もっと続ければ脂漏性皮膚炎はゆっくりとでもよくなるのか?

はたまた、今は全然だけど、そのうち美肌効果が表れるのか?

あるいは、ただ人生で最大限にこんにゃくを食べたという事実だけが残るのか?

 

こんにゃくから目が離せません(なことはない)。