染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

乾燥肌が少しマシになったと思う

更年期になってから、かなり顔の乾燥が気になるようになりました。

敏感肌用の化粧水でもかゆくなるため、スキンケア商品は使わない肌断食をしています。

洗顔後(ただの水洗いでも)に何もつけないでいるとつっぱるため、すぐにワセリンを少量塗るようにしています。

 

そんな乾燥肌が、最近、少しマシに感じるようになってきました。

 

肌タイプ

 

洗顔して10分後の肌によって肌のタイプが判断できるそうです。

 

・つっぱりやヒリつきを感じ、目元の小じわも気になる。脂取り紙を押し当ててもTゾーン・頬に脂がつかない → 乾燥肌タイプ

・つっぱりやヒリつき、目元の小じわはなし。Tゾーン・頬ともに脂がつく。 → 脂性肌タイプ

・部分的なつっぱりやヒリつき、目元の小じわはやや気になる。Tゾーンのみ脂が付く。→ 混合肌タイプ

・つっぱりやヒリつきはなく、目元の小じわも気にならない。Tゾーン・頬ともに脂がつかない → 普通肌タイプ

 

これまでは、この10分がもたなかったのです。乾燥によるつっぱりが辛くて。

最近は10分くらいなら平気です。

さすがにそのまま何もつけないでいるのは無理ですが、ワセリンを塗るのは唇や額(額は皮脂の分泌が多いそうなのですが、私は乾燥します)、頬の一部くらいです。

 

 
水分補給

 

なぜ改善したのかを自分なりに考えてみました。

 

お風呂上りにチューハイを飲まない日には白湯を飲むようにしています。

 

チューハイなどのアルコールは利尿効果があるそうで、確かに寝るまでに何度かトイレに行きます。

飲むのが遅い時間だったりすると夜中にトイレに起きることもあります(眠いのに嫌なんですよね、これ)。

 

でも飲むのが白湯だとアルコールを飲んだときほどトイレに行きません。もちろん夜中に起きることもありません。

 

私の乾燥肌は、更年期で女性ホルモンが減ったのもあるでしょうが、チューハイの利尿作用によって体の水分が減ったのも一因ではないかと思います。

一時期は毎晩のように飲んでいましたので。

チューハイを飲む回数が減り、代わりに白湯を飲むようになったので乾燥が緩和されたのではないでしょうか。

 

アルコールだけではなく、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲み物も利尿作用があります。

肌の乾燥が気になるときは、こうした飲み物の摂りすぎにも注意したほうがよさそうです。

 

私は昼過ぎにコーヒー、夕方に紅茶と、それぞれ一杯ずつ飲むのが習慣になっています。

どちらかを白湯に替えたらもっといいのではと思いますが、ちょっと無理かな。