染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

夢見ることを忘れずに

本を読んだときは意識するけれど、数日たつと忘れてしまう「引き寄せの法則」。

以前に読んだ「妄想は現実になる」がおもしろかったので、同じ作者の本を読んでみました。

「「頑張らない」で引き寄せる!」(かずみん ダイヤモンド社)です。

本の副題に「願いが叶う、ちょっとあほになる方法」とあります。

 

内容は

 

引き寄せのお悩み解決事務所「ヒキヨセルーノ」を訪れる相談者。

彼ら彼女らに、スタッフのシーナとカナウが答えるという体裁をとって、引き寄せを行うときによくある悩みへの対処を説明しています。

章の終わりに「かずみんよりひと言」というページがあるのですが、まあこれだけで充分かも。

 

中身は「妄想は現実になる」と同じです(出版の順序はこちらが先で、「妄想…」が後)。

 

・幸せになりたい、なんて漠然とした願いではなく、何が好きでどうなりたいのか、まずは自分の願いを正しく知ること。

アファメーションや感謝ノートなど、手当たり次第にやっても楽しくなければ意味がない。引き寄せの法則で引き寄せるのは自分の感情。

・妄想をしていても、現実の上手くいかない部分を考えている時間が長いと現実は変わらない。

・妄想とちょっと違うものが引き寄せられても、楽しければそれでよし。

・「願いが叶った世界」に飛び込んで、なりきってみる。 

などなど

 

読んだだけで元気に

 

どちらの本にも共通しているのが、作者の「熱意」。

自ら妄想という手段を使って引き寄せの法則で数々の願いを実現させたという自信が、他の人にもぜひ、この方法を知ってほしいという気持ちになっているのでしょう。

これほどの熱量で妄想するとなると、そりゃ効果あるだろうなと思わされます。

読んでいて元気の出る本です。

 

読んだだけで、もう願いが叶ったかのような気持ちになれるのが嬉しいところ。

引き寄せの法則の本はどれでもそうだと思います(自己啓発本なんかもそうですね)。

しかしそれで喜んでいては現実は変わらないわけで実行しなくてはいけません。

本書にもあるように、「読んだだけでは何も変わりません」。

そうですよね~。

 

「未来を大きく変えてくれるのは、毎日の「ちょっとしたこと」です」

という言葉を胸に、夢見ることを楽しみたいです。