染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

気になる髪のつむじ割れ

2か月ほど前、髪をカットしてから頭のつむじから後頭部にかけて髪に分け目ができることが多くなりました。

長さは5センチほどですが、地肌が見えるのが気になります。

脂漏性皮膚炎で頭皮が赤いものですから。

ドライヤーをかければなんとか直せますが(直らないときもある)、こんな分け目はいらないのに。

 

この分け目、つむじ割れというそうです。

 

つむじ割れが起こる原因と対処法

 

・加齢による頭皮の衰え

・夏の直射日光やヘアカラーなどによって髪が傷み、コシがなくなっている

 

原因としてはこれらが考えられるようです。

加齢を持ち出されるとどうしようもないですよねぇ。

 

つむじ割れを直すにはちゃんと濡らして、指で髪を持ち上げるようにしてドライヤーをかけるのが有効だそうです。

出かけるまで小さなクリップで分かれた部分をはさんでおくのもいいようですよ。

 

髪の長さは長め?短め?

 

ちょうどカットのために美容院に行く予定があったので、美容師さんに切った方がいいのか聞いてみました。

 

私の場合は、前回トップの髪を短めにカットするとつむじ割れを起こしたので、長めに置いておきましょうということになりました。

長ければつむじ割れを起こさないということではなく、その時の髪の状態によるようです。

「これでダメなら切りましょう」と言われたので、やってみないとわからないということでしょうか。

 

結果、あまり分かれなくなったのでよかったです。

 

私がまだ毛染めをしていた時も、このつむじ割れに悩まされました。

その頃は20数年続けた毛染めで髪のコシもなくなっていて分かれた髪がペタンと寝てしまい、地肌が見える上に根元から伸びてきた白髪でハゲて見えるという、悩ましい状態でした。

 

毛染めを止めてもつむじ割れはなかなか直らず、やっと分かれなくなったのは8か月ほど過ぎたころでした。

 

その時に比べれば、今回のつむじ割れは短くしすぎないことですぐに直ってよかったです。

 

これでも前回美容院に行ったとき、美容師さんに「髪の毛多いですね~」と言われたんですよ。

毛染め止めて髪も回復したと喜んでいたのですが、やっぱり若い頃と同じわけにはいかないということですね。