染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

副業でやりたいことをする人たち

先日テレビを見ていたら、本職からは想像もつかないような副業をしている女性を紹介していました。

 

副業の例ふたつ

 

1人目の女性は平日は住職さん。

女性の住職さんというだけでも珍しいですね。

宗派では髪は剃らないでもいいそうで、長い髪をまとめていました。

そして、週末になるとなんとプロレスラーをしているのです。

 

この方はもともとの仕事がプロレスラーで、家を継いで住職になったということです。

住職とプロレスラー。

全く違う仕事ですが、ご本人は涼しい顔をしてこなしているようでした。

 

もう1人の女性は、脳神経外科の医師。

午前中に外来をし、午後からはなんと自らデザインした服を店で販売しているのです。

 

この人はデザインの勉強のためにわざわざロンドンまで行ったそう。

そうして作った服は一言で言うと「奇抜」。

自分の身体をCTスキャンした画像をデザインに使ったり、カラフルで派手な色使いのものばかりでした。

 

ご本人の髪も七色に染まっていて、普段、医師としての仕事をするときは黒髪のかつらをかぶっているそうです。

 

プロレスラー&住職の女性は、家の都合でやむなく後を継いだところがあるかもしれませんが、医師&デザイナーの人は完全にやりたいことだけやっている感じ。

やりたいことはやる、という行動力に感心しました。

 

自分は

 

こうした人たちのことを見て、私もやりたいことをやろう、と思わないでもありませんでしたが、考えてみれば私はやりたいことはできているのです。

好きな本を読んでブログに書く。

昔は他にも好きなことはありましたが、いつのまにやら姿を消して行って、今でも残っている「好きなこと」は読書のみ。

 

いや、いいんですけどね読書。

でも、せっかく生まれてきて、本を読むだけがやりたいことって、なんかちょっと寂しくない?

なんかこう、もっとないの、やりたいこと。と自分に問いたい。

 

それに体に悪いですから座ったきりは。

運動不足になるのは避けられません。

 

私の場合、「やりたいこと」ではなく「やらなくてはいけないこと」に神経を向けた方がよさそう。

運動しないとなあ……。