染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

肌断食に逆もどり

スキンケアをしない肌断食をして4年。

脂漏性皮膚炎のため額がカサつくのを抑えようと、最近また化粧水を使い始めました。

最初はよかったのですが、いくらもたたないうちにかゆみ、吹き出物が出始めました。

種類を変えて続けようとしたのですがかゆみはなくならず。

 

またワセリンだけ

 

どうにも肌の調子が悪く、化粧水は諦めた方がよさそうだと判断。

ということで、結局またワセリンだけの肌断食に戻ってしまいました。

 

かなり前ですが、美魔女で有名になった女性が、顔の保湿のために1日に何度も化粧水を使う、というような話を聞いたように思います(記憶が曖昧なので間違っているかも)。

私など重ね塗りをしただけでブツブツできたりしますから、こんな使い方したらすぐに肌がトラブルだらけになってしまいそう。

やっぱり美魔女と言われるような人は肌も丈夫なんでしょうか。

羨ましい。

 

年とともに敏感肌に

 

私も以前はこれほど敏感肌ではなかったのですよ。

一応、化粧水とか乳液とか美容液とか使っていた時期もありました。

 

こんな風になったのは更年期に突入してからです。

すごく肌が乾燥するようになって、化粧品では表面を潤わせるだけで奥は乾燥したままの感じがなくならず、化粧品の使用を止めたら乾燥もマシになったのでした。

 

それからは水洗いにワセリンが基本で、日焼け止めやおしろいを使った日だけ石けん洗顔をしてワセリンを使っています。

 

普段のケアはこれで充分です。

ただ脂漏性皮膚炎のカサつきがあるのですが、これはワセリンでは予防も改善もできません。

今のところは皮膚科の薬が効いているので症状は出ていません。

 

化粧水での保湿が脂漏性皮膚炎の症状が出るのを防いでくれることを期待して使っていたのですが、かゆみやブツブツには勝てませんでした。

症状が出ればまた皮膚科に行くしかないですね。

 

スキンケアの時間やお金がかからない、モノが減るなどなど、肌断食のメリットはいくつかあります。

旅行に行くときも荷物は少なくて済みます。

 

こんな調子でも化粧品への憧れは残っています。

パッケージの美しさや手触りやほのかな香りなど、女性の心をくすぐるような工夫がなされていますよね。

あー残念。

使えないとなると急に魅力的に見えてしまいます。