染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

「毛染めを止めて2年で髪は回復する」は本当だったかも

髪が伸びてきて美容院に行ってきました。

伸びてきた毛先が刺激するのか、フェイスラインや耳下のあたりがかゆくなるんです。

ショートにしてもらいました。

 

髪が多い?

 

カットの時に美容師さんに言われたことが、「髪が多い」ということ。

「めっちゃ多いですよ。めっちゃ多いです

2回言われました。

髪をどんどん梳きながら、

「普通の人ならこんなに梳いたらなくなってしまいますからねえ。もっと抜けたほうがいいくらい」

 

確かに若い頃は多かったと思います。

多いというより一本一本が太くてクセがあったのです。

ボリュームがあるというか、爆発しやすいというか、ぼわっと膨れて扱いにくい髪でした。

そのため、ほとんどショートで過ごしてきました。

 

長年の毛染めで

 

私は白髪になったのが早く、30歳前から白髪染めを始めました。

52歳で毛染めを止めるまで20数年、美容院や自宅で染め続けてきました。

 

毛染めを止めた理由は複数あります。

だんだん髪のボリュームがなくなり、つむじから後頭部にかけて髪が分かれるようになったこと

髪のハリもコシもなくなり、このままでは遠くない未来に薄毛になってしまうのではと不安だったこと

脂漏性皮膚炎になったこと

いつかは毛染めを止めたいと思っていたこと など。

 

一番困ったのが、髪がぱっくり分かれることでした。

これは毛染めを止めて8か月でなおりました。

でも目に見える回復はこれくらい。

髪はぐんぐん回復するのではと期待していたのですが、それほどの変化もなく。

まあ若い頃みたいになるのは無理だなと自分を納得させていたのです。

 毛染めを止めて1年9か月のときにも同じようなことを書いています。

 

somenai.hatenablog.com

 

でも、美容師さんに髪が多いと言われたということは、もう充分に回復していたということでしょうね(半信半疑)。

頭のてっぺんあたりの地肌が気になると言うと、

「髪が重いから下に引っ張られてぺたんとなるんです」

ヘアスタイルの問題だったってこと? 

確かに梳いてもらって軽くなったら、てっぺんもふんわりとなりました。

あれだけ梳いてもらってこの量なら、多いと言えるかもしれません。

 

毛染めを止めて2年7か月です。

毛染めで傷んだ髪も2年たつと回復するというのをあちこちで耳にしますが、どうやら本当のようです。