染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

スカートの下に何をはくか問題

先日、たまにはスカートはきたいという記事を書きました。

 

 

somenai.hatenablog.com

 

で、スカートで出かけてみたのですが、どうも下半身がスースーするんですね。

冷え性ですのでスカートだと冷えやすいのはわかっているのですが、まだ11月。

しかもその日は冬のスカート(裏地付き)の下にレギンス+ソックス(タイツよりもソックスの方が温かいため)だったのですが、やっぱり冷える。

冷えるとトイレが近くなって面倒なんですよ。

 

今までほとんどスカートをはいてこなかったので、慣れていないせいで冷えているように感じるというのはあると思いますが。

やっぱり冷え症にはズボンの選択肢しかないのでしょうか。

 

極暖を試したけれど

 

でも諦めたくないと試したのが、

ユニクロの極暖ヒートテックエクストラウォームレギンス。

パッケージには「裏起毛で、ヒートテックの約1.5倍暖かい」とあります。

 

はいてみたところ、普通のレギンスとそう変わらないような。

出かけた先はショッピングセンターだったのですが、さほど温かいとも感じず。

ちょっと冷える日だったら駄目だろうなあ。

 

これよりもっとしっかりした生地のモノとなると、レギンスパンツなんかはどうでしょう(タイツのような生地のものではなくズボンの方です)。

こういう装い、ありますね。

長めのワンピースの下にズボン(パンツか)をはいている人。

しかしあれ見ると、いいなと思うと同時に、足にワンピースの布がからまって歩きにくくないのかとと思ってしまう。裏地が付いていればいいでしょうけれど。

 

冷え性をなんとかせねば

 

こうも冷えに弱いと憧れのスカートライフも期間限定にするしかなさそうです。

初夏の、暖かいけれどまだ冷房は入らない時期。

秋口の、夏の暑さは去ったけれどまだ空気は冷えていない時期。

このくらいでしょうか。

なんか、あっという間に姿を消してしまう旬の食べ物のようですが。

 

それ以外の時期にスカートはきたければ、やはりスカートの下を重ねるしかないですね。

冷え取りはしたことがないのですが、あの着方が参考になるかも。

 

というか、冷え性を改善しないことには根本的な解決になりませんね。

これまでいろいろやってきましたが、成果をあげるには至らずです。

動けば温かくなりますが、じっとすればすぐ冷える。

マグロのごとく、動き続ければいいのでしょうが(できるか)。

 

たぶん、筋肉を付けなくてはいけないのです。

スカートをはくための筋活、できるでしょうか?