染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

肌断食を止めた

肌断食をして4年程になります。

更年期のせいか肌の乾燥がひどくて何を塗っても改善しなかったので、思い切ってスキンケアを止めてみると乾燥が気にならないようになりました。

それ以来、化粧水や乳液などは使わず、ワセリンを少し塗るだけです。

洗顔も、日焼け止めやおしろいを使った日は石けんを使いますが、なにもつけていないときは水洗いだけ。

 

ずっとこのままでいいと思っていたのですが、私は脂漏性皮膚炎があります。

主に症状が出るのは頭皮ですが、額の両端部分もカサカサになったり皮がめくれたり、少しかゆみがあったりします。

この部分の症状を予防するために、肌断食を止めて化粧水を使うことにしました。

 

皮膚科を受診

 

脂漏性皮膚炎のフケがひどくなったために(額のカサつきもあり)皮膚科を受診したのが9月。

デルモゾール、キンダロン、ニゾラールと、段々薬を弱いものに変えてもらい、何とか治まりました。

 

それから20日

もう、額のカサつきと生え際の皮剥けが出始めました。

早すぎる。

これ、症状が治まっただけで、まったく治ってなかったんじゃないでしょうか。

まあ、そうですよね。脂漏性皮膚炎って原因がわかっていないそうなので、薬ではかゆみやフケやかさつきなどを一時的に抑える力しかないようです。

 

カサつきには皮膚科でもらった3種類の薬を使いました。

デルモゾールを4日、キンダロンを2日くらい使ったところで治まりました。

今回の症状は顔と生え際だけで、頭のフケもかゆみもありませんでした。

 

化粧水を使う

 

薬を止めたタイミングで化粧水を使い始めました。

普段使っているワセリンだけでは、脂漏性皮膚炎の症状を改善したり予防することはできないのはわかっているので、ちょっと違うことを試してみたかったのです。

 

家にあったのが、アトピー肌の息子のために買った「ミノン アミノモイスト モイストチャージローション もっとしっとりタイプ」という化粧水(名前が長すぎる)。

息子は使わなかったので、そのまま残っていたものです。

朝晩、水洗い洗顔の後に使っています。

そしてその上から、ごく薄くワセリンを使っています。

 

化粧水だけでも少々べた付く使用感なのに、さらにワセリンを使えば顔はベタベタというか、ねちょねちょした感じです。

使い始めて20日くらいですが、今のところ額のカサつきは出ていません。

 これでカサつきを抑え込めれば、化粧水は有効だと言えるかも。

 

肌のためには何もつけないことが一番と思い込んでいましたが、それは健康な肌にとってのことのようです。