染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

たまにはスカートをはきたいけれど

普段、滅多にスカートをはかない私。

先日出かける用があったのですが、適当な服がありません。

困ったあげくに久しぶりにスカートをはいて出かけました。

 

その姿を見た娘が「お母さんはやっぱりスカートの方がいいよ」。

あらそう?そんなに似合う?

ということではなく、パンツ(ズボンというべきか)が似合わないのです。

わかっていますとも。

パンツが絶対に似合わない、致命的な足の短さなのです。

 

スカートは足の短さ、腰回りの肉、お腹のでっぱりなど、いろいろ隠してくれますよね。

それにデザインにもよりますが、活動的なパンツに比べて淑やかそうだったり女らしく見えたりもします(たぶん)。

 

スカートを増やすにあたって困る点

 

やっぱりもう少しスカートの回数を増やそうかな。

そう思って引き出しからスカートを取り出すと、案の定シワが。

もう出かける前なのにアイロンかけている暇なんてない!ということになります。

私の場合、スカートで一番困るのが収納方法です。

 

ハンガーにぶら下げて収納するのが一番シワにならない方法ですね。

我が家のタンスは上下二段に分かれていて、上が夫、下を私が使っています。

でも私の長いスカートだと(足は出したくないんですよね)高さが足りなくてぶら下げられません。

 

上下に分かれていないところには私と夫のコートなどが入っていて、これ以上何も入れられないくらいです。

 

シワになりにくい素材の夏用のスカートは、ふわっと畳んで引き出しに入れています。

でも綿とかウールなどで特にフレアースカートみたいな形だと、どう畳んでもシワになりそう。

タオルをはさんでクルクル巻けばいいということを読んだのですが、巻いた内側の生地はシワになるのでは?

 

ジーンズや綿パンツの場合はこれがないのでラクです。畳めばペッタンコになりますから。

スカートは私にはハードルが高い……。

 

今しかはけないかも

 

街で歩いている人を見ていると、高齢女性はスカートをはいていません。

やはり年を取ると足さばきがラクとか温かいとか、おしゃれよりも心地よさに重点を置くようになるのでしょう。

と考えると、スカートをはけるのも50~60代くらいまで?

 

動きやすいのが一番!と、今までスカートを毛嫌いしてきましたが、いずれはけなくなると思うと残念な気も。

 

家の中で私のスカートをぶら下げられる場所を探してみようかな。

例えば娘のクローゼットの片隅とか。服が多すぎて無理か。

じゃあ息子のクローゼット、は私が嫌だし。

はてさて。