染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

人気店なのになぜか買い物できない

安くて人気のお店はいろいろありますが、なぜか買いにくいという店があります。

店の陳列の仕方が馴染めないというか、探しにくいというか。

買う気があって店に行っているのに、買わずに帰ることがほとんどなのです。

 

GU

 

ターゲットが10代後半から30代前半という若者向けだそうで、そのせいで気に入った服を見つけにくいのかなとも思います。

同じファーストリテイリングユニクロでは特に探しにくいとは思わないので。

 

GUは何度も店に入ったことがあるのに、いまだに1枚も買ったことがありません。

別に無理して買う必要もないのですが、GUの製品が自分に全く合わないかというとそうでもないのです。

 

なぜかというと、娘が買って、もういらないと言ったGUの服を私が着ているからです。

それも結構気に入っています。

ジーンズ(ボーイフレンドなんとか)と、ポリエステルのブラウス。

ブラウスはLサイズなので(私はМ)大きいのですが、半そでなのでそれほど気にすることもありません。

 

しまむら

 

ここはもう、最近は全く行かなくなりました。

同じデザインの服を複数置いていないことがウリらしいのですが、これが仇となってすごく探しにくいのです。

自分の求める服がどこに置いてあるのかさえわからなくなります。

「あんまりいいデザインは置いていない」というのが私の感想ですが、娘の友人は、しまむらですごく可愛い服を見つけるのがうまいそうなので、やっぱり探し方かも。

 

同じような理由でドンキホーテも苦手。

どんなものがあるか見て回るのが楽しい、という意見も聞きますが、欲しいものがあって買いに行っているのに、その商品をすぐに見つけられないとストレスなんです。

何がどこにあるのかわからないのが苦手で、すぐに店を出たくなります。

いろんなものがひしめく様に置いてあると、眼がチカチカして疲れる気がします(繊細か)。

 

無印良品

 

ファンの人が聞いたら意外に思われるかもしれませんが(人気ありますよねー)、ここも買う気マンマンで行って手ぶらで帰ってくる店の1つ。

理由はなんでしょう?

自分でもよくわからないのですが、ナチュラルでおしゃれな世界に入り込めない気持ちになるからかも?

 

以前も手帳用のインデックスを買うために店に入って手に取るまでしているのに、結局買わずに店を出たことがあります。

これはもう、私の守護霊が「買うな!」と言っているとしか思えない(違う)。

 

以上、こんな人間もいるよという、誰が興味あんねん的な話でした。