染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

考えてみれば自分の旅行鞄がない

この夏、家族で一泊旅行に行くことになって、はたと気が付きました。

自分の旅行鞄がない。

夏の一泊なので荷物は多くありません。ホテルに泊まるのでパジャマやタオルもいらないし、移動は車です。

子ども二人はリュックで行くようです。

夫は出張などに使う鞄(独身の時から持っている古いもの)があります。

私だけがない。

 

子どもが小さい時は

 

子どもが小さい時に実家に帰ったり家族で海に行ったり、というときは大きなナイロンのトートバッグ(口にファスナー付き)を使っていました。

確か妊娠中にスーパーで買って、出産で入院するときから使っていたような。

軽くてすごくよく入って便利だったのですが、おしゃれ感はゼロ。

 

子どもが増えて荷物が多くなってからは、スーツケースに何でもかんでも詰め込んで実家に帰っていました。

 

一人旅したことがない

 

私は一人でどこかに泊まったことがないのです。

実家に帰るときは常に子どもが一緒。

泊まりになるような遠出をすることがありませんでした。

冠婚葬祭もなかったですし、芸能人やスポーツチームを追っかけるなどの趣味もないし。

旅行鞄が必要ない日々だったということで、ちょっと寂しい気もします。

 

でも今後は増えるかも。

と言っても、実家の両親が年取って手伝いに帰ることが増えるのではという理由ですが。

 

昔の鞄を発掘

 

クローゼットをひっくり返して、以前に使っていたナイロンのトートバッグを探してみました。

が、見つからず。

そういえば、何年も前、久しぶりに出してみたら皺くちゃになっていて、しかも生地がネチャついていたような記憶が。

それで捨てたのでした。

 

他にいくつか鞄は見つかったものの、どれも古すぎるか小さすぎるかでイマイチ。

娘が「これが一番マシ」と言ったのは、白いキャンバス地に赤い取っ手のトートバッグでした。

口部分にファスナーも何もないので中身が丸見えになります。

それよりこれ、息子が確か高校時代に何かの授業で作った物じゃなかったっけ。

一番マシなのがこれって、どれだけレベル低いんだか。

 

いやもう、自分用に一つは旅行用の鞄を持っていた方がいいなと思いましたね。

突然泊まりに行く用事ができたらどうするつもりなんでしょう。

ただ、時間がないので今回は買いません。焦って買うとロクな事がないだろうし。

息子手作りのトートバックにするか、夫の鞄に一緒に入れてもらうかどちらかにします(旅行気分、盛り上がらない)。