染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

冷えないために私がやっていること

日中、家にいるのは私一人なので、節約のためにもできれば暖房器具を使いたくありません(今年は寒すぎですが)。

どうにも寒くて仕方ない時はこたつに入りますが、パソコンはデスクトップなのです。

しかもパソコンはフローリングの部屋の窓の側にあって、とても冷えます。

 

これまでにしている工夫 

 

寒がり&冷え性の私は、パソコンを使うときは冷えないよう工夫をしています。

・窓のそばに衝立をたてて窓からの冷気を防ぐ。

・フローリングの足元に小さなマットを敷く。

・壁にある換気口から冷気が入ってこないよう、周りにマスキングテープを巻く。

 

服装で気を付けていることは、

・裏フリースの暖パンをはく。

・モコモコの靴下やレッグウォーマーをつけ、スリッパをはく。

・腹巻をする。

・ひざ掛けをかける。

 

最近はこれに2点プラスしました。

 

防寒ロングスカート

 

キルティングでできたロングスカートをはきます。もちろん暖パンの上からはきます。

ひざ掛けでいいのでは、とお思いでしょうが、ひざ掛けはちょっと立ったときにいちいちかけなおさなくてはいけないのが面倒です。

それに足に巻きつけない限り、ふくらはぎの裏はカバーできません。ふくらはぎから足首にかけてが、意外と冷えます。

 

その点、スカートなら足を包み、立ったり座ったりも自由です。

巻きスカートなので、前面は二重になってより温かいです。

スカートとしてはかない時は、ひざ掛けや肩にかけることもできます。

 

 

レンジでゆたぽん

 

もう一つ使い始めたのが、「レンジでゆたぽん」。

本当は足温器など電気で足元を温めるものが欲しかったのですが、パソコン周りではもうコンセントを全部使っているため電化製品が使えません。

そのため最初は湯たんぽを買って足元に置こうと思っていたのですが、家の中を整理していたら何年も前に買った「レンジでゆたぽん」が出てきました。

これはレンジで温めたものを専用の袋に入れて湯たんぽと同じように使うもの。

もちろん何度でも使用可です。

足元のマットの上に置いて、その上に足を載せ、ひざ掛けをかけます。

なかなか温かく、重宝しています。

 

 

 

長時間じっとしない

 

以上のような工夫をし、熱い飲み物を飲むなどして体を冷やさないようにしていますが、それでもじっとしていると徐々に冷えてきます。

あと気を付けることと言ったら、長時間じっとしない、これにつきますね。

やっぱり体を動かすことでしか熱を生み出すことはできません。

 

私は腰が悪いので、冷えたりじっとする時間が長いと腰にきます。

以前は腰が悪いことを残念に思っていましたが、今は「じっとするな、もっと動け」という体からの警告だと考えるようになりました。