染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

いつになく暑さがこたえるのは更年期のせい?

今年は暑い!と喚きたくなるくらい暑い毎日です(関西在住です)。

もうぐったりして、やる気もなにも起きません。

しかし、もともと寒がりで冷え性の私は、冷房で冷えない限りは夏の暑さはそれほど嫌いではなかったのです。

 

ただ暑いだけじゃない気がする 

 

我が家は日中はエアコンはつけません。

夜は寝る1~2時間ほど前に入れて冷やしてから消し、窓を開けて寝るというのがいつものパターンです。

ですから暑くて当たり前なのですが、今年は何かいつもと違う。

急に汗がだらだら流れて、暑くてたまらなくなります。寝ているときでも暑さで目が覚め、しばらく寝付けません。

なんだか体が暑さに過剰反応しているような感じ。

そしてふと気が付きました。これ、もしかしてホットフラッシュなんじゃ?

 

ホットフラッシュ 

 

更年期に特有のホットフラッシュという症状は、突然体がカッと熱くなって汗が出てきます。

女性ホルモン量の低下による自律神経の失調が原因らしいです。

 

私も二年ほど前から起きています。

特に何か薬を飲まなくても、そのうち治まります。そして何か月かして忘れたころにまた起こる、ということを繰り返しています。

この夏の不調も、どうやらホットフラッシュのようだと考えると納得できました。

普段なら放っておくのですが、この暑い時期に余計に暑くなるのはさすがに困ります。

そこで市販の薬を飲むことにしました。

 

命の母A

 

家にあったのが「命の母A」です。

これは最初にホットフラッシュが起きた時に買って、少しの間飲んでいたものです。

そのときはホットフラッシュはすぐに治まったものの、頭がすごくかゆくなったために薬を飲むことを止めたのです。

薬の副作用かと思ったのですが、今から考えるとすでに脂漏性皮膚炎になっていたせいかもしれません。

 

副作用?

 

飲んだその日から、日中のホットフラッシュはなくなりました。

夜はまだ目が覚めますが、それもそのうちなくなるでしょう。

と思っていたら、飲み始めて三日目の朝、猛烈に頭がかゆくなりました。

脂漏性皮膚炎のためか、頭にかゆみがあることは普通にあるのです。

でもそれは、ちょっと手でポリポリかけば治まる程度。

今回のかゆみはそんな軽いものではありませんでした。

両手でバリバリかいて、少ししてまたかく。かいているうちに、かゆい範囲が広がっていく感じ。

このままかゆみが治まらなかったどうしようと不安になりましたが何とか治まりました。

もう怖くて昼食後には飲みませんでした。

どうやら体に合わないようです。

前回のかゆみも、脂漏性皮膚炎ではなく薬のせいだったのかもしれません。

しばらく様子を見て、どうしても辛いようなら他の薬を探そうかと思っています。