染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

何が困るって位牌を置く場所

11月の下旬に、義母の四十九日の法要と納骨をすることになりました。 それが終わったら、位牌を家に持ってきたいと夫が言います。 夫の実家には仏壇がありますが、さすがにそれは大きすぎてマンションの我が家には置けません。 せめて位牌だけは持ってきてあ…

掃除機が臭い!

年末の大掃除に向けて早めに取りかかろうといつになくやる気を見せて、掃除機のパーツを水洗いしました。 ウチの掃除機は紙パックのいらないタイプ。 ゴミがたまるカップと、カップの上の部分、フィルターを水洗いしました。 翌日、意気揚々と掃除機をかけた…

夫実家の片付けに疲れてきた

先日、夫実家の片付けに行ってきました。 まだたった3回めなのに、早くも嫌気がさしてきました。 一向に光が見えない……。 玄関 まず手をつけたのは、玄関のたたきにずっと置いてあった籐の物入れ。 蓋を開けると健康サンダルや下駄など履物がびっしり入って…

北出丼はおいしい!

ラクビ―W杯終わりましたね。 日本代表が躍進して、見ごたえのあるW杯でした。 試合見ていると力が入って疲れますが。 ところで、W杯期間中に日本代表の一人、 北出卓也選手が作った丼が、代表内で人気だったそうです。 今さら感がありますが、おいしそうだ…

今日捨てたものは水着

すっきりした生活をしたくて、ちょこちょこ不用品を捨てています。 今日捨てたのは水着! しかも20代の頃に買ったものです。 なんでこんなもの残しておいたんだろう??? 結婚前に買ったワンピース型の水着で、色も形もおとなしめ。 だから結婚後も使えると…

薄毛なんかにおびえるなと叱咤する

ウチの息子は20代ですが、心の片隅には薄毛への懸念があるようです。 というのも、薄毛が遺伝するかどうかは母方の祖父を見ればわかるらしいのです。 私の父は頂上部はつるっとしていて、両サイドに髪を残すのみ。 ということは、ハゲるわ息子。 悲観するの…

連絡取れずに不安増大

娘は1人暮らしをしています。 ちゃんと食べているか寝ているか、人間関係で悩んでないか仕事で怒られて落ち込んでないかなど心配なことばかり。 2日に1度ペースでラインを送りますが、返事は一言だけのまるで電報(なんもわからん)。 それでも元気にやっ…

夫実家の片づけ

夫の実家の片付けに行ってきました(2回目)。 家の中を片付けるつもりだったのに、なぜか夫は庭木の剪定を始めます。 庭を片付けるつもりならあらかじめそう言って欲しかった、と文句を言う息子。 汚したくない服だったらしい。 片づけだと言ってるのにあほ…

般若心経ってすごいのかも

義母の葬儀後、夫と実家に行って般若心経を唱えています。 気持ちがすっきり 私は特定の宗教を信じているわけではなく般若心経の内容も知らないのですが、般若心経を唱えたあとは、心が落ち着くというかすっきりすることに気が付きました。 義母は突然亡くな…

好奇心が生まれると肌の弾力も高まるらしい

「好奇心の強い人はいつまでも若々しい」と言いますが、科学的に見ても本当だったようです。 化粧品会社ポーラの研究によると、好奇心が高まると肌の弾力が高まることがわかったそうです。 さらには、その弾力の高まった肌を触ることで好奇心が高まるとか。 …

戒名代ってなぜこんなに差があるんだろう

義母の葬儀の際に戒名をお願いしたのですが、金額は10万円でした。 驚く夫。 というのも、7年前に亡くなった義父の戒名代は50万円だったのです。 どちらも真言宗ですが、別のお寺です。 戒名とは 戒名とは、仏教において受戒した者に与えられる名前であると…

少しでも家をすっきりさせるために

義母宅に残されたモノの多さに慄いて以来、自分の身の回りもすっきりさせたいと思うようになりました。 私はとりあえず何でも押し込んで隠すタイプなので、見た目だけで言うとそれほど散らかってはいません(オシャレ度はゼロ)。 でも、不用品がないかとい…

就寝中のこむら返り こうすれば予防できる

就寝中、急にふくらはぎがつって激痛で目が覚めることがあります。 ふくらはぎを両手で押さえつけ、ひたすら痛みが去るのを待つだけ。 めちゃくちゃ痛いです。 日中、よく歩いた日になることが多いので、筋肉の疲労が関係しているのかと思っていましたが、ど…

夫の実家をどうするかで悩む

夫の実家の片づけは、長い道のりなので焦らずゆっくりやっていこうと夫と話しています。 片づけは時間をかければいつかは終わるでしょうが、考えておかなくてはいけないことは、この家をどうするかということ。 私たちは分譲マンションに住んでいます。 マン…

義母宅の大量のモノを前に呆然とする

義母の葬儀も済んで、次にやらなくてはいけないのが家の片づけです。 葬儀の二日後に1回目の片づけをしましたが、もう半端なかったです。 モノの多い家だということはわかっていました。 義母は捨てられない人なのに、夫が勝手に片づけようとすると烈火のご…

お通夜の前に起きたちょっと不思議なこと

義母のお通夜の前に、ちょっと不思議なことがありました。 葬儀会社の人が来てくれて準備をし、葬儀が行われるメモリアルホールへ向けてそろそろ出棺、というときのこと。 家には私たち夫婦と、夫の弟一家もいました。 スマホがなる 夫のスマホが鳴ったので…

義母が亡くなりました

いつものように午前11時前に義母宅に到着。 鍵を開けて玄関に入ったところで、義母が倒れているのを発見して驚愕。 「おかあさん!」と叫びながら肩を叩いたりしてもピクリとも動かず、腕に触ってみるとひんやりしていたので、ああこれはもう亡くなっている…

おとなの教養とは

若いころは、年齢を重ねるにつれて自然と教養豊かな大人になるものだと思い込んでいたような気がします。 ところが50も半ばなのに「教養はあるか」と聞かれれば「ない」と答えるしかないありさま。 そもそも教養ってどんなものを指すんでしょう。 平安時代の…

高齢の母が感じる不安解消に実家へ

最近、愚痴っぽくなってきた母。 足の調子がよくないらしい父のこともあるので、実家にようすを見に行ってきました。 実家についてみると、父も母も元気な顔で出迎えてくれました。 近況 父の足の調子を聞いたり、こちらの近況(子どもたちのことや義母のこ…

あまりに運動不足なのでこんなことを始めた

歩かなきゃなーと思いながら、いつまでも暑いのもあって買い物の時くらいしか歩いていません。 ということは座っている時間が多いということで、ちょっと坐骨神経が痛くなりつつあります(腰が悪いんですよ)。 これではいかんと簡単な運動を2つ、することに…

外食で食べきれなくなったのは食が細くなったせい?

最近、外食の際に量が多くて食べきれなかったことが二度続きました。 注文したものは全部食べるのがポリシー(ケチなので払った分は回収したいだけ)なので、食べきれなかった自分が残念に感じます。 食べる量が減ってきたのでしょうか。 そんな自覚はないの…

「おばちゃんたちのいるところ」を読んだ

「おばちゃんたちのいるところ」(松田青子 中公文庫)を読みました。 短編が17つ入っています。 登場人物が同じなど関係がある話もない話もありますが、共通点はどれも「幽霊」(もしくは幽霊らしきもの)が出てくる点です。 でも全然怪談ではありません。 …

愚痴が多くなった母

私の両親は、父親90歳、母親86歳です。 幸い、どちらも健康で二人で暮らしています。 義母が88歳(89か?)で同世代なのですが、こちらはもう足元がおぼつかなく、家事は何もできなくなっていますから、両親がまだ元気なのはとてもありがたいと思っていまし…

独自ドメインにして悪夢を見た件

※お詫び ここ数日、ブログが表示されないことがあり、ご訪問してくださった方にご迷惑おかけしています。 こんなことになった顛末を書きました。 3年近く、はてなブログでブログを書いてきましたが、SSL化もしておらず独自ドメインにもしていませんでした。 …

増税前に買ったもの

増税前でも特に買い物の予定はありません。 前もそうだったのですが、家電は基本壊れたら新しいのに買い替えるので、今のところは買い替えの予定なし。 ストック品も収納する場所がないほど買うつもりもなく、増税関係なしに減っていれば買うくらい。 必需品…

世界のエリートが読む本

最近、息子が読んで面白いと言っていたのが「世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた」(永井高孝尚 KADOKAWA)という本です。 内容は 「戦略」「顧客とイノベーション」「起業と新規事業」「マーケティング」「リーダーシップと組織…

鰻はもういいかなと冷静になった日

先日、夫と二人の夕食だったので、デパ地下で鰻弁当を買いました。 一人2300円(税抜)で、合計4968円。 高いと思いましたが、それだけのことはありました。 身が分厚くてふっくらしている! おいしい! 私にはちょっと多すぎたようで、鰻は全部食べましたが…

ピアノが弾けるってやっぱりいいな

NHKのBSで放映している「駅ピアノ」と「空港ピアノ」。 世界各国の駅や空港に置かれたピアノに定点カメラを置き、どんな人がピアノを弾くのかを撮った番組です。 今までに見たのはアムステルダム、プラハ、ロンドンの駅、マルタ島の空港など。 場所が場所だ…

マッサージや顔の筋トレ、やるべきかやらざるべきか

ほうれい線とかたるみとかシワとかが目に入り、鏡を見るのさえイヤになるときがあります。 なんとかできないのかなと思いますが、美容クリニックに行く余裕や勇気はありませんし、化粧品も今は使えない(かゆくなる)のでお手上げ状態です。 筋肉を鍛えろと…

ホンモノのSPは本当にカッコイイらしい

大阪府知事と大阪市長を経験した橋元徹氏が、「マルコポロリ」というテレビ番組に出演しているのを見ました。 当時、既得権益に切り込む改革をしていた橋元氏は、本人だけでなく家族までも殺人予告を受けたためSPを付けてもらっていたそうですが、これが滅…